FC2ブログ

記事一覧

「秋の観察会2019」を開催しました

9月29日(日)、国立科学博物館附属自然教育園(東京都港区)にて、「秋のチョウの観察会」2019を開催いたしました。

集合写真
朝から曇り空で雨も心配されましたが、屋外での観察会では少し薄日も射し無事に開催されました。

受け付けの後、セミナールームにて矢野先生の講演会。
19矢野先生

自然教育園のチョウ、カワセミのお話など興味深いお話でした。
講演風景

そのあと、中村事務局長による保全活動の話です。
保全について
チョウや自然を守る活動に、皆様にご賛同頂ければと思います。

5つのグループに分かれ、観察会開始!
観察会開始

観察風景です。
観察中

各班、ガイドスタッフより、いろいろと説明を受けたり、皆さん熱心に解説を聞いています。
観察中 (2)

チョウを見つけて皆で撮影タイム、約1時間半観察をしました。
観察中 (3)

ウラギンシジミが手に乗りました。
手に蝶々

蝶々みつけたよ!
みいつけた!

自然教育園での観察会で、今回初めて記録されました。(クロコノマチョウ)
クロコノマチョウ

かわいい顔?・・・アオスジアゲハの幼虫です。
幼虫

12時頃観察終了、皆さんと観察できたチョウの「チョウ合わせ」をしました。
蝶合わせ
今年は24種類のチョウを観察できました。

ご参加くださいました皆さま、ガイドスタッフ及びサポートスタッフの皆さま、
どうもありがとうございました。お疲れ様でした。

今後のイベントは、我孫子駅周辺で「ジャパンバードフェスティバルin我孫子」(11月2,3日)、東京ビッグサイトで「エコプロ2019」(12月5~7日)にブースを出展します。
それから、高尾599ミュージアムで企画展「チョウが消えていく」(11月30日~12月8日)を開催予定です。
どうぞ足をお運びください。

次の観察会は、来年5月中旬に、裏高尾の木下沢林道にて開催を予定しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。

観察会担当:北條信之・井上晴子  
写真:益永 葉

プロフィール

JBCS

Author:JBCS
日本チョウ類保全協会の公式BLOGです。環境の影響を受けやすいチョウの観察・保全を通じて、自然の大切さを発信しています。

日本チョウ類保全協会のホームページは、
>> こちらです。

最新コメント