FC2ブログ

記事一覧

ゴマシジミ保全地管理の活動報告(6月)

ご報告が遅くなりましたが、6月中旬に、山梨県内のゴマシジミ保全地に行き、
草刈りや鹿よけネットの補修作業などの環境整備をしてきました。

今回は、9名+T君が参加しました。
お天気が心配でしたが、青空も見え、さわやかな陽気で、活動日和になりました。
20190616ゴマ活動①trs

今回の活動は、まずゴマシジミの食草のワレモコウの生育状況チェックです。
ワレモコウは、移植した株が昨年よりもさらに定着してきた様子で、希望が持てました。
20190616ワレモコウ①s

そして、ワレモコウの周りのススキなど背の高い草を、手作業で刈ります。
20190616ゴマ活動⑥trs

事務局長ジュニアのT君も、戦力になって活躍するようになりました。
20190616トモ君活躍s

それから、鹿避けネットも、たるんでいる所を直したり、絡まっているツル植物を除去したりしました。
ネットの根元の草も刈りました。

そして、広い所は、刈り払い機で刈り取ります。
保全協会若手のH氏の草刈り機姿も、板についてきました。
20190616ゴマ活動⑨s

活動の合間には、チョウや昆虫を見ることもできました。

今回は、
ヒメシジミ(たくさんいました)
20190616ヒメシジミ①trs

ハルゼミ(翅がきれいでした)
20190616ハルゼミ①trs

キバネツノトンボ(トンボと名がついていますが、アミメカゲロウ目です)
20190616キバネツノトンボtrs

なかなか会えない昆虫に会えるのは、活動のご褒美ですね♪

お昼頃、だんだんと空模様が怪しくなってきましたが、必要な作業はほぼできたので、14時半ごろ、保全地をあとにしました。

ご参加いただきましたボランティアの皆さま、お疲れ様でした。

次は、8月に成虫の発生状況調査に行く予定です。
アリの巣から、羽化したゴマシジミが無事に出てきてくれますように祈っております。

事務局 井上◇◇

(photo by 益永 井上)

プロフィール

JBCS

Author:JBCS
日本チョウ類保全協会の公式BLOGです。環境の影響を受けやすいチョウの観察・保全を通じて、自然の大切さを発信しています。

日本チョウ類保全協会のホームページは、
>> こちらです。

最新コメント