FC2ブログ

記事一覧

「秋の観察会2018」を開催しました

10月7日(日)、国立科学博物館附属自然教育園(東京都港区)にて、「秋のチョウの観察会」2018を開催いたしました。
朝から晴れましたが、台風の影響で32℃とこの季節にしては暑い1日となりました。

朝の様子2

受け付けの後、セミナールームにて矢野先生の講演会
矢野先生2

外来魚の侵入でカイボリやキアシドクガによるミズキの被害、カワセミのお話など興味深いおはなしでした。
セミナー2

セミナー
教育園の60年のチョウの変遷についてもわかりやすく解説して頂きました。

セミナーの後、スタッフ含めて60名余りで集合写真を撮影をしました。
集合写真

6グループに分かれて、観察会スタート!
観察開始

チョウに出会うと早速撮影タイム
武蔵野

きれいなキタキチョウ、春に続き、新たな写真入りチェックシートも大好評でした。
キタキチョウ

水生植物園にて
水生植物園

暑いので木陰一休み
暑い

アサギマダラにも会えました。
20181007アサギマダラ①trm

12時頃観察終了、皆さんと観察できたチョウの「チョウ合わせ」をしました。
チョウ合わせ
今年は昨年より2種類多い23種類のチョウを観察できました。
最後に日本チョウ類保全協会の活動についてお話させて頂きました。

(追記:後日見られたチョウの追加報告があり、ミドリヒョウモンとヒメジャノメを入れて、25種類になりました。)

ご参加いただきました皆さま、ガイド及びサポートスタッフの皆さま
暑い中、ありがとうございました!お疲れ様でした。
またのご参加をお待ちしております。

観察会担当:北條 信之  写真:益永 葉、井上 晴子

プロフィール

JBCS

Author:JBCS
日本チョウ類保全協会の公式BLOGです。環境の影響を受けやすいチョウの観察・保全を通じて、自然の大切さを発信しています。

日本チョウ類保全協会のホームページは、
>> こちらです。

最新コメント