記事一覧

「春の裏高尾・チョウの観察会2018」を開催しました

5月13日(日)に、日本チョウ類保全協会主催の「春の裏高尾・チョウの観察会2018」が開催されました。

今回も多くの方にお申込みいただきまして、参加者、スタッフ合わせて、60名弱で木下沢林道を歩いて参りました。

実は、観察会の準備中も、今年は花の開花やチョウの発生が、10日くらい早く進んでいるようでしたので、
例年のようにチョウが出てくれるか心配でした。
それに加えて、前日夕方発表の天気予報が、13日は、曇りのち15時から雨。
少し迷いましたが、観察会の時間帯は、曇りの予報なので、開催することにしました。

当日の朝、お天気は曇りでしたが、天気予報では12時から雨!になっていました。
観察会の途中から雨が降ってきたらどうしよう。。。と、朝のミーティングをする広場までの足取りも少し重かったです。

すると、マルバウツギのところに、チョウが舞っているではありませんか。
アサギマダラでした。
観察会の皆さんを歓迎してくれたみたいで、嬉しかったです。
アサギマダラ朝s
           <アサギマダラ>

そのすぐ後にも、羽化したてのアカボシゴマダラ春型を観察できました。
アカボシの観察s

アカボシゴマダラ羽化直s
             <アカボシゴマダラ春型、蛹の殻>

そのあと梅林のそばの広場に集合して、朝のミーティング。
朝の挨拶①s
注意事項や、ガイドスタッフの紹介などをして、記念の集合写真撮影。

集合写真2018春s

そして、6つの班に分かれ、ガイドさん中心に自己紹介などして、各班出発しました。
A班自己紹介②trs
            <A班>

B班自己紹介s
            <B班>

C班自己紹介①s
            <C班>

D班自己紹介s
            <D班>

E班自己紹介②s
            <E班>

F班自己紹介trs
            <F班>

出発時には、再びアサギマダラが皆さんの頭上を、ふわふわと飛んでくれました!
広場では、ウスバシロチョウも翅を休めていました。
ウスバシロチョウ朝s
             <ウスバシロチョウ>

林道では、なかなかチョウに出会えず。
しっとりとした空気の中、森林浴気分で歩きました。
林道森林浴①trs

最初に会えたのは、ガイドのTさんが見つけてくれたカメノコテントウ。
山地に多い大型のテントウムシです。
高崎さんカメノコテントウs

カメノコテントウ①20180513trs
             <カメノコテントウ>

途中の少し広くなっているところでは、アゲハ研究者の井上A.尚氏が、食草のコクサギの葉に産卵された
カラスアゲハとオナガアゲハの卵を見つけておいてくださり、皆で観察できました。
井上A尚氏s
           <井上A.尚氏とコクサギ&オナガアゲハ卵>

カラスアゲハ卵①trs
           <コクサギの葉&カラスアゲハ卵 ↓も>

             カラスアゲハ卵①trss
木下沢林道には、コクサギは無数にありますが、卵はなかなか見つけられないので
皆で見ることができて良かったです。
A.尚さんありがとうございました。

キャンプ場跡地の手前では、ジャコウアゲハの食草のオオバウマノスズクサが繁茂していました。
花もたくさん咲いていました。
オオバウマノスズクサ観察s

オオバウマノスズクサ花s
                <オオナウマノスズクサの花>
こんなに食草があるのだから、幼虫がいてもよさそうなのに、なぜかここではジャコウアゲハの幼虫を見たことが無いです。
でも今回、解散後でしたが、バス停までの帰り道のニセアカシアの花のところで、
ジャコウアゲハを何名かで見ましたので、林道で見られることもあるかもしれないですね。
ジャコウアゲハ①ニセアカシアtrs
                <ジャコウアゲハ♂>

11時時過ぎに、キャンプ場跡地に到着。
お天気は何とか持ってくれて、お昼ご飯を食べることができました。

この時間になるとやっと、コミスジやオナガアゲハなどが、飛ぶのが見れるようになりました。
キャンプ場跡地①trs

昼食後、例年スミナガシが見られるポイントまで行き、そこでは見れなかったのですが、
毎年参加してくれている中学生のT君が、昼食後にキャンプ場跡地でスミナガシを撮影したのを見せてくれました。
瀧井君スミナガシ①trs
          <スミナガシ T君撮影>
綺麗に開翅していて、赤い口吻も写っていますね。

スミナガシは、いることが判明!
もう一回、現れてくれることを期待しつつ、キャンプ場跡地に戻りました。
12時を過ぎていましたが、雨は大丈夫そうなので、もう少しここで観察をすることにしました。

草むらに1頭のコミスジがいました。
皆で撮影。
コミスジ撮影①s

すると、そのコミスジが、子供たちの手や、参加者の帽子に止まってくれました。
飛び立っては、また止まり。。。を何回も繰り返し、コミスジフィーバータイムになりました。
コミスジ⑥s

コミスジ⑤s

コミスジ帽子①trs

今回の観察会は、年長さんから中学生までの子供たちの参加も多かったので、子供たちの歓声も上がり、
大人も一緒に楽しめました。
この子達が、生きものや自然に興味を持ち続けて、自然保護やチョウの保全にかかわってくれるといいなぁ~
と思う、おばさん事務局の私でした。

また、皆の視線の先には・・・
チャバネセセリ指差し①s
コチャバネセセリもスターですね。
コチャバネセセリ①trs
         <コチャバネセセリ>

そうこうしておりましたら、黒い影が、スーっと!
スミナガシの再登場です。

砂利の山の天辺にとまっています。
近づくと飛んでしまうので、皆で遠巻きに観察しました。
スミナガシ撮影隊①s

スミナガシ2①s
                <スミナガシ>

そのあと、遠くで雷もなっていたので、最初の広場でする予定だったのを変更して、ここで見れたチョウを確認する「チョウ合わせ」を行いました。
チョウ合わせ①s

チョウ合わせ②s
ブルーのシャツは、山梨から参加してくれた昆虫好きのK君です。
一生懸命にリストを見ていますね。
このリストは、当会観察会で過去5年間に木下沢で見られたチョウの一覧です。
今までは、文字の一覧表でしたが、今年は写真入りのものをお配りしました。
これは記録写真担当の益永氏が作成してくださったものです。とても好評でした。

今回のチョウ合わせは、14種類のチョウと2種類の幼虫、2種類の卵を観察できた結果となりました。

それから、当協会の入会案内や庭のチョウ類調査のお誘いをして、雨が降る前に早めに解散しました。

今回の観察会では、見られたチョウの種類は少なかったですが、このような天候でもチョウに会えることができ、
皆さまと楽しい時間を過ごせました。
ご参加いただきました皆さま、どうもありがとうございました。

また、ボランティアでガイドスタッフやサポートスタッフ、記録スタッフをご担当くださいました皆さま、
お世話になり、ありがとうございました。

この観察会は、来年も同時期に開催予定です。
また、次の観察会は、9月末~10月初めに東京都内で開催する予定です。
企画ができましたら、ホームページなどで広報いたしますので、ご参加をお待ちしております。

最後に、お誘いとお願いです。
当会の観察会などのイベントは、ボランティアの皆さんで企画運営されております。
ガイド経験のある方、お世話好きな方、植物に詳しい方などいらっしゃいましたら、
ぜひスタッフとしてご協力いただけますと、大変助かります。
ご興味のある方は、事務局井上まで、メールにてご連絡ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

事務局  井上晴子◇◇
e-mail:jbutterflyconservation@gmail.com (@を半角@に変えてください)
(写真提供:益永、瀧井、井上)

プロフィール

JBCS

Author:JBCS
日本チョウ類保全協会の公式BLOGです。環境の影響を受けやすいチョウの観察・保全を通じて、自然の大切さを発信しています。

日本チョウ類保全協会のホームページは、
>> こちらです。

最新コメント