FC2ブログ

記事一覧

4月中旬 保全地整備活動の報告(鹿よけネット設置と草刈り) 

4月中旬に、当協会が絶滅危惧種を保全している、山梨県内の地区で活動してきました。
まずは、冬の間、下ろしておいた、鹿の侵入を防御するネットの設置
CIMG9375_convert_20180503172222.jpg

CIMG9379_convert_20180503172444.jpg

柵は数か所に設置してあります
DSC_4285_convert_20180503173134.jpg

CIMG9453_convert_20180503173217.jpg

ネットを縛っておいた紐をほどいて支柱に結び直します。
CIMG9394_convert_20180503173524.jpg

CIMG9389_convert_20180503173348.jpg

DSC_4307_convert_20180503182448.jpg

この作業の間に、別行動の班が、チョウが卵を産み付けるための植物採集に行きました。
許可を得ている場所で、なるべく根を傷めないよう、慎重に掘り、鉢に入れてきました。
この場所で、土の補充です。
DSC_4560_convert_20180503175703.jpg

CIMG9430_convert_20180503172927.jpg

柵の中に鉢を埋め込みます。
DSC_4579_convert_20180503174929.jpg

DSC_4608_convert_20180503175012.jpg

そして、草刈り
DSC_4604_convert_20180503175151.jpg

CIMG9437_convert_20180503175237.jpg

DSC_4757_convert_20180503175101.jpg

DSC_4746_convert_20180503182540.jpg

鉢の場所に目印を付けて終了。
CIMG9406_convert_20180503173014.jpg

この日は、4月なのに「真夏日」で、
暑い中での約5時間の作業は、とてもたいへんでしたが、
時折り、姿を見せてくれるチョウが気持ちを癒してくれました。
DSC_4449_convert_20180503174851.jpg

朝、高尾駅で集合した8名と、
現地集合の1名、計9名で、
この保全地の作業をし、
このうち、4名は、翌日、別の県の、別のチョウの保全地の草刈り作業をしました。

以上、報告は事務局広報担当スタッフでした。

プロフィール

JBCS

Author:JBCS
日本チョウ類保全協会の公式BLOGです。環境の影響を受けやすいチョウの観察・保全を通じて、自然の大切さを発信しています。

日本チョウ類保全協会のホームページは、
>> こちらです。

最新コメント