FC2ブログ

記事一覧

「大昆虫展」会場内でイベントを開催しました

8月8日(火)に、「大昆虫展in東京スカイツリータウン」の会場内イベントスペースにて、1日だけのイベントを開催致しました。

イベントの内容は、ミニ講演会「チョウを学ぼう!クイズに挑戦!」(11~11時半、13時半~14時)と、会報誌やチョウの生体展示(成虫、幼虫)、折り紙のワークショップでした。

前日の夜から、翌朝は台風5号の影響で暴風雨になるのではないかと心配でしたが、幸い嵐にはならず、予定通り開催できました。

イベント会場の設営は当日10時から行いましたが、11時少し前には、親子連れの皆さんに多数お集まりいただけて、第1回目のミニ講演会が始まりました。
当協会事務局の中村が先生役でした。

まずは、自然の中のきれいなチョウの映像を見ていただいた後、チョウクイズのスタート。
クイズ午前①
チョウの触角はどれ?この中でチョウはどれ?など、写真を見て3択で答える問題から、絶滅しそうなチョウやその原因を問うちょっと難しい問題まで、15問でした。

小さいお子さんも、最後の答え合わせまで頑張ってくれました。
そして、参加賞として、チョウのガイドブック「庭のチョウ」をお持ち帰りいただきました。

講演会のあとは、展示と折り紙の時間です。

こちらは、生体コーナー。
幼虫展示①
チョウの成虫と幼虫のコーナーは、大人気でした。
成虫は、アゲハの仲間たちが大きな飼育ケース内で優雅に飛んでいました。
幼虫は、アゲハ、クロアゲハ、アオスジアゲハ、ジャコウアゲハ、キアゲハ、クロコノマチョウ、オオミズアオ(これは蛾ですが)が勢ぞろい。
幼虫解説は、イモムシ大好きのHさん。触ってもらったり、においをかいでもらったり、となかなかできない幼虫とのふれあいタイムになっていました。
イモムシをじーっと見て離れない女の子もいて、大きくなったらチョウの研究者になって欲しいと思いました。

それから、折り紙のワークショップ。
折り紙WS
この日(8月8日)は、「ちょうちょの日」でもあったので、自由参加でチョウの折り紙を折ってもらい、お持ち帰りいただきました。
(ちょうちょの日は、沖縄県の観光施設・琉球城蝶々園が制定。8を横にすると蝶の形に見えることと、蝶が植物の葉を食べることから「はっ(8)ぱ(8)」の語呂合せ。)
お子さんでも、5分くらいで折れるチョウで、出来上がった後に麻紐で作った触角を貼ってあげると、とても喜んでもらえました。

会報誌「チョウの舞う自然」などの展示と、今年リニューアルしたパンフレットも配布して、当協会の宣伝もしました。
展示①

13時半から、第2回目のミニ講演会。
この回も、満席になりました。
クイズ午後①
小学校高学年位のお兄ちゃん達の参加もあり、クイズの答え合わせの時に歓声があがったりして、盛り上がりました。

この後、再び展示と折り紙ワークショップをして、15時に終了。

1日だけのイベントではありましたが、たくさんの方にご参加していただけて、有意義な1日でした。
ミニ講演会に参加してくださった皆様、展示を見てくださった皆様、ありがとうございました。

そして、「大昆虫展」という大きなイベント会場内のスペースをご提供してくださった大昆虫展実行委員会のご担当各位に、感謝いたしております。

それから、このイベントを開催するにあたって、準備から当日スタッフまでご協力くださいました当協会会員の皆さまにもお礼を申し上げます。


事務局  井上◇◇

プロフィール

JBCS

Author:JBCS
日本チョウ類保全協会の公式BLOGです。環境の影響を受けやすいチョウの観察・保全を通じて、自然の大切さを発信しています。

日本チョウ類保全協会のホームページは、
>> こちらです。

最新コメント