FC2ブログ

記事一覧

飼育中のミヤマセセリが予想外の蛹化

発端は今年の4月2日。コナラの冬芽にミヤマセセリの卵を見つけた。持ち帰った卵は4月8に孵化、その後、何回か脱皮した。9月23日までに6回脱皮したと思われるが間違っているかも知れない(正しければ終齢幼虫は7齢ということになる)。脱皮は巣を開いてみれば確認可能だが、幼虫をいじめることになるので今回は脱皮の確認は諦めた。ちょっと前の9月24日フンをしていない。フンがないということは、脱皮が近いか、健康上の問題がある...

続きを読む

葉上で休むモンキアゲハ

sippoです。東京はもううんざりするほど、じめじめの日々・・・今日はようやくお日様を拝むことができましたが、今度は蒸し暑く、、向こう1週間の予報も冴えません。お日様恋しいですね。本日の更新は、なんとか陽射しがある時に撮影した画像です。チョウチョの表情も様々・・・sippoは、こんな休息タイムの表情も大好きです♪~ 東京都より発信 ~...

続きを読む

秋を呼ぶ蝶 ウラナミシジミ

sippoです。やっと東京でこの子に出会うことができました。例年よりずっと遅い出会いでしたが元気に飛び回っていました。この蝶を見たら 秋・・・~ 東京都より発信 ~...

続きを読む

キアゲハの子供たち

sippoです。台風が過ぎ去ったと思ったら、今度は秋雨前線・・・向こう1週間は曇り雨になりそうな東京です。さて都会ではキアゲハが減っていると聞きます。たしかに、近所のフィールドを歩いても年々見かける数が減ってきている気がします。そんなフィールドで、先日はこんな光景に出会えました。大事なごはんを、分け合って希少な食草が 刈られないことを祈りながらこのフィールドで アゲハとキアゲハが仲良く絡む光景をまた見た...

続きを読む

札幌でオオモンシロチョウ(外来種)を探してみる

少し前の話題になってしまったが、オオモンシロチョウについて書くことにします。オオモンシロチョウは、20年ほど前に現れた外来種。一時は、増えすぎて問題になっていたと思う。ところが最近は大幅に数が減っているらしい。原因は不明。7月下旬に札幌に帰省したので、10日ほどの滞在期間中に近所を探してみた。飛んでいるとモンシロチョウ等との識別が難しいが、明らかに大きな個体ならオオモンシロチョウと考えて良さそうだ。...

続きを読む

チョウチョも避暑

sippoです。気温はそんなに高くないのですが晴れると残暑が厳しいですね。チョウチョも同じみたいこんな風に 「避暑」してます[#IMAGE|S37#][モンキチョウ]...

続きを読む

プロフィール

JBCS

Author:JBCS
日本チョウ類保全協会の公式BLOGです。環境の影響を受けやすいチョウの観察・保全を通じて、自然の大切さを発信しています。

日本チョウ類保全協会のホームページは、
>> こちらです。

最新コメント