FC2ブログ

記事一覧

ダイミョウセセリ

多摩丘陵でダイミョウセセリの姿が増えてきました。濃いこげ茶色と白色だけの地味な蝶ですが、羽化したばかりは後翅の白い縁取りが映えて綺麗です。また翅をぺたっと広げて止まることが多いので注意しないと中々見る機会がありませんが、裏面の模様も中々味があります。(kyo-i)ダイミョウセセリ 2011年5月 東京都...

続きを読む

ミヤマセセリ

この時期に行ったことのない場所に出掛けてみたら、たくさんの元気なミヤマセセリに会えました。逆に他の蝶とはあまり会えず…撮影地:群馬県5月25日(papilabo)...

続きを読む

ルリタテハの幼虫

ホトトギスの葉の裏にトゲトゲだらけの幼虫(毒はありません)がいました。横浜の公園でぽん太...

続きを読む

ヒメシロチョウ

このシロチョウも各地で姿を消しています。自宅からアクセスの良い地域では、めっきり見られなくなってしまいました。水曜担当ze_ph...

続きを読む

サカハチチョウ

この季節渓沿いの道を歩くとサカハチチョウの春型の姿が見られます。上高地などの高標高地では7月の終わりになっても春型を見かけびっくりすることもありますが、低山地では5月の蝶です。新緑の渓流沿いを歩く時は注意して見てください。オレンジ色の小さな姿を見ることが出来るかもしれません。(kyo-i)サカハチチョウ 2011年5月 東京都...

続きを読む

シロスジヒゲナガハナバチ

市街地のちょっとした草むらにも普通に見られるハチ。オスは触角が長く、愛らしい顔をしている。夜になると草むらの1ヶ所に集まり、口で植物に噛みついて、6本の手足を全部離して眠りにつく。(山形県山形市で永幡嘉之撮影)...

続きを読む

アオスジアゲハが羽化しました

卵から大事に育てていたアオスジアゲハが今朝見たら羽化していました♪孵化したての日、齢を重ねて身体が変化する幼虫時代、前蛹になった日、蛹になった日…たくさんの感動的シーンを見せてもらいました。脱皮に失敗したり、蛹化に失敗したり、寄生されて蛹のまま死んでしまったり…などの悲しいこともありました。そんな観察すべてがやっぱり感動というか、変態時の無防備の厳しさを教えてもらいました。今回は公園のクスノキやニッ...

続きを読む

サナギ

4月中旬に脱皮殻をみたエノキの若木に行ってみた。餃子のような形をしたアカボシゴマダラのサナギが2つぶら下がってました。ちょっと触ってみたら、ブルブルっと体を震わせた!!5月5日。川崎の公園で。ぽん太...

続きを読む

クジャクチョウ

スギタニルリシジミを探していたのですが何故か出会えず、クジャクチョウだけ撮影して帰ってきました。水曜担当ze_ph...

続きを読む

カラス&ミヤマ

この週末は多摩丘陵の西端まで行き、ツツジの植栽にやってくる蝶を撮影しに行きました。多数のカラスアゲハに混じってミヤマカラスアゲハの姿も見ることが出来、5月の休日ツツジの花の前でのんびり過ごしました。(kyo-i)カラスアゲハ春型♀ミヤマカラスアゲハ春型♀2011年5月 東京都...

続きを読む

プロフィール

JBCS

Author:JBCS
日本チョウ類保全協会の公式BLOGです。環境の影響を受けやすいチョウの観察・保全を通じて、自然の大切さを発信しています。

日本チョウ類保全協会のホームページは、
>> こちらです。

最新コメント