FC2ブログ

記事一覧

「エコプロ2019」ブース出展報告と年末のご挨拶

今年も、もう大みそかなってしまいました。活動のご報告が遅くなりまして、すみません。すでに前回のブログでご報告の通り、11月30日~12月8日に高尾599ミュージアムにて「企画展」が開催されました。それと同時期の12月5~7日は、「エコプロ2019」という環境イベントがあり、ブースを出展して、広報活動をして参りました。エコプロは、いつもはビッグサイトの東ホールで開催しておりましたが、今年は改修工事の関係で、初めて西1...

続きを読む

「秋の観察会2019」を開催しました

9月29日(日)、国立科学博物館附属自然教育園(東京都港区)にて、「秋のチョウの観察会」2019を開催いたしました。朝から曇り空で雨も心配されましたが、屋外での観察会では少し薄日も射し無事に開催されました。受け付けの後、セミナールームにて矢野先生の講演会。自然教育園のチョウ、カワセミのお話など興味深いお話でした。そのあと、中村事務局長による保全活動の話です。チョウや自然を守る活動に、皆様にご賛同頂ければ...

続きを読む

ゴマシジミ保全地管理の活動報告(6月)

ご報告が遅くなりましたが、6月中旬に、山梨県内のゴマシジミ保全地に行き、草刈りや鹿よけネットの補修作業などの環境整備をしてきました。今回は、9名+T君が参加しました。お天気が心配でしたが、青空も見え、さわやかな陽気で、活動日和になりました。今回の活動は、まずゴマシジミの食草のワレモコウの生育状況チェックです。ワレモコウは、移植した株が昨年よりもさらに定着してきた様子で、希望が持てました。そして、ワレモ...

続きを読む

「春の裏高尾・チョウの観察会2019」を開催しました

5月12日(日)、チョウ類保全協会主催の春のチョウの観察会を開催しました。今年もたくさんのお申込をいただきまして、参加者、スタッフ合わせて60名程で行って参りました。当日の朝、空は少し曇っていて風がひんやりしていました。集合場所の高尾駅は、たくさんの人で賑わっていて、小仏行きのバスの列は、今まで見た中で一番長かったです。バスを降りたあと、梅林広場で再集合して、朝のミーティングです。タイムスケジュールや...

続きを読む

ツシマウラボシシジミの交配作業を実施しました

先週より今年第1化のツシマウラボシシジミ(絶滅危惧IA類)の交配作業が始まりました。対馬にしか生息していないこのチョウは、シカが増えてしまったことで、幼虫の餌となる植物が食べられてしまったことで数が激減しており、足立区生物園などの複数の昆虫館で、保全のために飼育下での繁殖が進められています。当協会では、対馬の生息地で生息環境の保全や調査を行っているほか、足立区生物園で実施されている飼育作業についても...

続きを読む

プロフィール

JBCS

Author:JBCS
日本チョウ類保全協会の公式BLOGです。環境の影響を受けやすいチョウの観察・保全を通じて、自然の大切さを発信しています。

日本チョウ類保全協会のホームページは、
>> こちらです。

最新コメント