記事一覧

「大昆虫展」会場内でイベントを開催しました

8月8日(火)に、「大昆虫展in東京スカイツリータウン」の会場内イベントスペースにて、1日だけのイベントを開催致しました。イベントの内容は、ミニ講演会「チョウを学ぼう!クイズに挑戦!」(11~11時半、13時半~14時)と、会報誌やチョウの生体展示(成虫、幼虫)、折り紙のワークショップでした。前日の夜から、翌朝は台風5号の影響で暴風雨になるのではないかと心配でしたが、幸い嵐にはならず、予定通り開催できました。イ...

続きを読む

セイボウ(青蜂)の仲間:ミドリセイボウ

ごま@横浜です。毎日暑いです。夏になると、この蜂を見るのが楽しみ。今年も会えました。セイボウ(青蜂)の仲間のミドリセイボウです。体長10mmほどの小さな蜂ですがメタリックブルー~グリーンが美しい。通常、動き回ってなかなかとまってくれません。鏡面なのでストロボを使うと綺麗な色がでません。この個体は撮影に協力的。マクロで撮影できました。横浜市内の公園にて。...

続きを読む

熊本のオオウラギンヒョウモン

ごま@横浜です。オオウラギンヒョウモンは、最も絶滅が心配されるチョウのひとつ。現在の生息地は、山口県と熊本県のみといわれる。今月、本会のメンバー4人で熊本のオオウラギンヒョウモンを観察してきた。オオウラギンヒョウモン♂表オオウラギンヒョウモン♂裏オオウラギンヒョウモン♀表オオウラギンヒョウモン♀裏幸いにも多くの個体を観察することができた。草原を舞うオオウラギンヒョウモンに感動した。特に大型の♀が飛ぶ姿...

続きを読む

台湾の蝶(その2)

ごま@台湾遠征林道を進んでいくと、地面に何かがとまっているようだった。とうやら獣糞にきているらしい。見ると、ゴマダラチョウと雰囲が似ているけれど、鮮やかな黄色の翅。キゴマダラ(Sephisa chandra)♂だった。普通種かもしれないが、初見のチョウとの出会いは感動的だ。...

続きを読む

やっぱりゼフは魅力的

ごま@横浜です。地元で一番楽しい季節は、5月下旬~6月中旬。平地性のゼフが次々と現れるからだ。最初のゼフは、アカシジミ。栗の木のそばで現れた。アカシジミ♂?(飛翔)続いてウラナミアカシジミ♀(飛翔)ウラゴマダラシジミ♀(飛翔)ミズイロオナガシジミ♂?(飛翔)ミドリシジミ♂(飛翔)最後は、オオミドリシジミ♂(葉上静止)そろそろ、その時期も終盤に入ってしまった。次の課題は、ミドリシジミの♀の各型とトラフシジミ...

続きを読む

プロフィール

JBCS

Author:JBCS
日本チョウ類保全協会の公式BLOGです。環境の影響を受けやすいチョウの観察・保全を通じて、自然の大切さを発信しています。