記事一覧

セセリのイモムシくんたち

ごまです。今日は、イモムシの話題。セセリチョウ科の仲間の幼虫には、いろいろな顔があります。ちょっとキモワルと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、並べてみます。こうやって並べてみると個性があって面白いでしょ。何のイモムシかわかりますか?答えは、上段左から、ミヤマセセリ、アオバセセリ、ダイミョウセセリ、中段左から、コチャバネセセリ、ミヤマチャバネセセリ、キマダラセセリ、下段左から、オオチャバネセセリ...

続きを読む

「秋のチョウの観察と撮影を楽しむ会2017」を開催しました

10月1日(日)、国立科学博物館附属自然教育園(東京都港区)にて、「秋のチョウの観察と撮影を楽しむ会2017」を開催いたしました。朝からお天気も良く、チョウに会えそうな期待でいっぱいです。受け付けの後、まずはセミナールームへ。今回、たくさんの方にご参加いただきまして、ありがとうございます。最初は、自然教育園名誉研究員の矢野亮先生の「自然教育園60年の自然の変遷について」のお話です。自然教育園の生い立ちか...

続きを読む

ツシマウラボシシジミの繁殖飼育

ツシマウラボシシジミの3化の産卵~幼虫飼育のフェーズに入っています。まずまず順調です。活性の上がり始めた♂雄個体。歓喜のカップル誕生。なかなかカップルになってくれないのです(^_^;)9/25現在、採卵と幼虫飼育を進めています。...

続きを読む

オオチャバネセセリがストロボ光に反応

ごま@横浜です。秋の気配を感じるようになってきました。★今日9/10は、オオチャバネセセリの産卵の場面を撮影したいと思って横浜市内の里山に出かけました。現地について間もなく、♀の個体を発見。早速観察を開始しましたが、時々食草にとまるものの、産卵はしてくれません。時間帯が悪いのか、まだその時期ではないのかなどと不安がよぎります。仕方なくカメラを向けて撮影モードに切り替えます。接写でストロボを光らせると、翅...

続きを読む

ダイミョウセセリ誕生

ごま@横浜です。毎日暑いです。熱中症にはくれぐれも気を付けましょう。暑すぎるとチョウもあまり飛びませんが、幼虫探しなら暑くても、雨降りでも大丈夫。ダイミョウセセリの幼虫は、オニドコロやヤマノイモなどの葉を折り曲げたり、もう一枚の葉で蓋をするようにして巣をつくります。だから幼虫は簡単に見つかります。(巣の屋根を開いたところ)巣の中で蛹化するので蛹も簡単に見つけられそうに思うのですが、そうはいきません...

続きを読む

プロフィール

JBCS

Author:JBCS
日本チョウ類保全協会の公式BLOGです。環境の影響を受けやすいチョウの観察・保全を通じて、自然の大切さを発信しています。